メガネのレディー

調理師専門学校は就職支援や留学制度で選ぶ

飲食店開業も目指せる

コーヒー豆

日本国内でも、コーヒーを気軽に楽しめるカフェが増えてきました。その為、バリスタを目指す若者も増え、専門学校でもコースが設立され始めています。サービス提供の仕方を習得し、コーヒーやフードへの知識を高めていきます。

詳しく読む

万全のサポート体制

コック

食に興味を持つ方にお勧めな仕事が調理師です。調理師は飲食店を始め、カフェやホテルなど様々な施設で働くことができます。調理師になる為には免許取得が必須になります。免許取得の為には、実務経験をつんで試験に挑むか、専門学校に通って学ぶか、2つの方法があります。食に興味はあるが、調理に関する知識や経験が不足していると感じるなら、専門学校に通いましょう。

調理師専門学校は2年から3年で卒業できます。学校によってカリキュラムの内容や構成が変わります。料理の分野ごとに講師が変わる学校もあります。専門の講師が指導することで、正しい知識を教えることができますし、経験をつむことができます。また、沢山の講師がいることで、様々な教えにふれることもできます。

基礎が身についてきたら、海外留学でさらに経験をつむことも可能です。食の都と呼ばれているフランスで、実践形式の授業を行なっている学校もあります。調理は勿論、サービスから実際のテイスティングまで、厳しい指導が行なわれています。いつもとは違う環境で学ぶことで、自分の課題に気づく生徒も多くいます。

少クラス制で構成されていると、きめ細かなフォローも行なってもらえるので、調理師専門学校を選ぶ時はどの様な構成になっているのか確認しておきましょう。さらに、就職サポートも万全かどうか確認しておきましょう。卒業生の就職先を公開している学校もあるので参考にしてみると良いでしょう。

プロデュース力も身につく

カフェ

バリスタを目指す方は、専門学校に通うと知識や経験をつむことができるのでお勧めです。カリキュラムの中には、インテリアコーディネートやメニュー開発を考える授業もあります。

詳しく読む

一流の講師陣が指導

店員

近年、社会人向けのカフェスクールが人気です。趣味を極めたい方から、独立開業を目指す人まで様々な方が受講しています。スクールを選ぶ時は、資格取得のサポート体制で選ぶと良いです。

詳しく読む